MENU

スポンサード リンク


採用される面接のコツ

歯科助手の求人募集に応募する際、履歴書を書くのは当たり前ですが、一番悩んでしまうのが「志望動機」ではないでしょうか。もちろん、歯科助手を目指す人それぞれ、志望動機は違うと思います。
しかし、単純に言ってしまうと、面接を受ける歯科医院に就職したいからということになってしまうと思います。

 

ただ、それをそのまま書く訳にはいきません。その歯科医院でどうしても働きたいのであれば、しっかりとした志望動機が必要です。歯科医院で求める人材というのは、基本的には患者さんに対して、思い遣りを持っている人です。

 

歯科助手の仕事は、事務的なこともありますが、接遇というのも重要になります。ですから、志望動機は患者さんが安心して治療を受けられる歯科助手になりたいから、歯科助手と言う仕事を通して人の役に立ちたいからということが理想的です。

 

もし、歯科助手の資格を取得していれば、やる気の裏付けにもなるので、しっかり記入しておきましょう。

 

書類審査が通ったら、次は面接対策です。歯科医院というのは医療機関ですから、一番重要視されるのは清潔感と一般常識です。面接の時に、爪が長かったり、派手なマニキュアやネイルアートをしているのは論外でしょう。

 

いくら面接を受ける歯科医院の歯科助手が、マニキュアをしていたとしても、面接を受けるのにマニキュアをしていたら、清潔感もありませんし、常識もないと思われます。

 

また、ぶら下がりタイプのピアスや結婚指輪以外の指輪も外してください。かしこまり過ぎる必要はありませんが、丁寧な言葉遣いで、はきはきと質問に応えるようにしましょう。これを心がけるだけでも、かなり採用される確率がアップします。

 

スポンサードリンク

志望動機と面接対策関連エントリー

就職活動をはじめよう
歯科助手の応募で歯科医院に電話をかける場合、面接の一部であることを忘れないようにしましょう。採用されるためには、悪い印象を与えてはなりません。
求人や募集を要チェック
就職活動の際には、働いた後のミスマッチがないように、給与や勤務時間、福利厚生、各種手当などをしっかり見ておきましょう。自分で納得してから応募することが大切です。
転職が多いって本当?
歯科助手は転職していく人が多いと聞きますが、どうなのでしょうか?よりいい給料や待遇の歯科医院を探したり、新しいスキルを身につけるために転職する人も多いようです。