MENU

スポンサード リンク


歯科助手Q&A

歯科助手の医療行為は禁止なの?

歯科助手の仕事と言うのは、あくまでも歯科医院内の事務関係と、歯科医の診療がスムーズに行えるようにアシストをするということです。

 

具体的に言うと、受付や電話対応、器具の準備や洗浄、薬剤の準備や在庫管理、発注、カルテの情報をパソコンに打ち込むなどの事務的なこと。

 

診療のサポートは、患者さんの誘導から始まり、患者さんへの説明、椅子を倒してライトを当てる、バキュームで唾液を吸い取るなどです。

 

各歯科医院で多少の違いはあるものの、こういったことが歯科助手の主な仕事です。

 

歯科助手は、医療行為というのは一切禁止になっています。医療行為と言っても、何が医療行為なのか、どこまでが医療行為に当たるのかを判断することが難しいかもしれません。

 

簡単に言ってしまうと、「口の中に手を入れて作業を行うこと」は医療行為にあたります。

 

例えば、虫歯の治療などで、歯型を取る場合、ピンク色の「印象材」というものを治療部分に当てて、しばらくかみ合わせをして型を取ります。

 

この印象材を練ったりして準備するまではいいのですが、それを治療部分に当てるために、口の中にセットすることは出来ません。

 

他にも、歯磨きの指導などで、「こうするといい」「こうした方が効果がある」などと、踏み込んだアドバイスをするのも違法行為になります。

 

とにかく、普通に患者として接しているだけでは、どこまでが歯科助手が行なっていい仕事なのかが分からないのです。

 

つまり、歯科医や先輩歯科助手に頼まれた仕事でも、医療行為を行なってしまうと、自分が罰せられることがあります。

 

歯科助手がやっていいこと、悪いことを知るためにも、出来れば歯科助手の資格をとっておくと安心でしょう。

 

スポンサードリンク

医療行為は禁止なの?関連エントリー

歯科助手には資格が必要ですか?
歯科助手になるためには資格が必須というわけではありません。ただし、就職に有利なうえ、仕事を早く覚えることができるため、資格は取得しておいたほうがいいでしょう。
給料と年収はどれくらい?
気になる歯科助手の給料についてお答えしています。経験者や有資格者は待遇も上がります。
資格なし、未経験でも大丈夫ですか?
歯科助手の仕事は、資格や経験がなくても務まります。ただし、よりスムーズに現場でやりとりするためには、ある程度の知識はもっておいたほうがいいでしょう。
歯科助手と歯科衛生士の違いは?
歯科助手は資格がなくても仕事ができますが、歯科衛生士は国家資格が必要になります。患者さんの診療に関わることができるかどうかの違いもあります。
仕事はきつい?
歯科医院では基本的にずっと立ち仕事で、さまざまな片付け作業をこなさなければなりません。人によってはきつい仕事になりますが、充実してやりがいがあるといえます。
高校生でもアルバイトはできる?
歯科医院によっては、高校生でも歯科助手のアルバイトをすることができます。将来に資格を取得しようと考えている方なら、勉強できる環境になります。
独学でも資格は取れる?
歯科助手の資格には、講習を受ければ取れるものや、独学でも十分に合格できるものもあります。独学の場合はスケジュール管理がポイントになります。