MENU

スポンサード リンク


講習を受講することが条件

歯科助手,日本歯科医師会,資格取得,認定制度実際に歯科助手と一緒に仕事をする、歯科医によって設立された「社団法人 日本歯科医師会」が認定発行しているのが、「歯科助手資格認定制度」です。

 

現場で働く歯科医が、歯科助手に求めるレベルを資格化したのが、この「歯科助手資格認定制度」と言えるでしょう。

 

この資格認定制度は、試験を行って合格すれば取れるというものではありません。

 

日本歯科医師会が主催する講習を受講して修了すれば、資格を取得することが出来ます。

3種類に分類される

「歯科助手資格認定制度」の資格は、乙種第一と乙種第二、甲種の三種類になります。

 

乙種第一 歯科治療に関する業務の専門知識を持っている人、技能を習得している人が取れる資格です。講習時間は52時間です。
乙種第二 歯科医院の事務に関する業務の専門知識、技能を習得している人が取れる資格です。講習時間は40時間です。
甲種 歯科事務と歯科治療の両方の業務に関する知識全般を取得している必要があります。乙種第一や乙種第二よりも、さらに高度な知識と技能を求められるので、講習時間は400時間にも及びます。

 

また、乙種第一と乙種第二は、同時に取得することが出来るので、一気に知識と技能を取得したい場合には、両方の講習を一度に受けてしまいましょう。

 

この認定制度の場合、実際に講習を開催しているのは、各都道府県の歯科医師会です。
つまり、自分が受ける県によって、講習会の日時や受講料が全く違います。

 

また、受講資格などが設けられていることもあるので、誰でも受講出来るとは限りません。
ですから、資格を取得するなら通信講座で取得出来る民間資格の方がいいでしょう。

 

詳しくは都道府県歯科医師会のページを参照ください。

 

スポンサードリンク

歯科助手資格認定制度関連エントリー

歯科医療事務管理士
歯科医療事務管理士は、技能認定振興協会が主催している医療事務の資格です。ユーキャンの通信講座で歯科助手を選択し修了すれば、自宅受験することができます。
認定歯科助手
医療福祉情報実務能力協会が認定している「認定歯科助手」は、ヒューマンアカデミーの通信講座を受講すれば取得することが出来ます。
歯科助手検定
医療福祉教育振興グループが主催している「歯科助手検定」では、試験に合格することで資格を取得できます。全員が3級から受験することになります。
歯科医療事務検定
歯科医療事務検定は、日本医療事務検定協会が認定している検定試験です。歯科医療事務従事者としての知識・技能や能力を証明することができます。
歯科助手専門秘書検定資格
「歯科助手専門秘書検定資格」は、、歯科助手として歯科医院等でお仕事をしたい方に向いている資格です。カリキュラムを修了すれば、自宅で受験ができます。