MENU

スポンサード リンク


歯科医院・歯科クリニックで歯科助手として働ける資格

歯科助手,通信講座,資格取得,試験対策

歯科助手の資格には、「歯科助手専門秘書検定資格」というものがあります。歯科助手の仕事に関して、「秘書」という名称がつくのは違和感を覚える方もいるでしょう。

 

しかし、歯科医が治療に専念出来るように、治療のための器具や薬剤の準備、治療中のサポートからカルテの作成、患者さんへのフォローなどを行うのが歯科助手の仕事内容です。

 

つまり、歯科助手と言う仕事は、ある意味、歯科医の秘書とも言える仕事内容なんですね。こう考えると、歯科助手の資格のひとつである、「歯科助手専門秘書検定資格」という名称もうなずけるのではないでしょうか。

 

この資格を取得すると、歯科診療に正しい知識を持っていること、接遇やサポートのための知識や技能を持っていると言う証明になります。また、この資格を持っていることで、歯科助手としての社会的地位の向上、そして職業能力の向上に貢献しているということにもなるのです。

 

「歯科助手専門秘書検定資格」で必要な知識は、保険診療の制度と仕組みの基礎知識、診察治療までの流れ、レセプト作成の知識やその技術です。

 

ただし、いくらこれらの知識があっても、日本能力開発推進協会指定の認定教育機関が行うカリキュラムを修了していないと、受験することが出来ません。ですから、まずは認定教育機関での全カリキュラムを修了することが先決です。

 

でも、「歯科助手専門秘書検定資格」は、自宅にいながら試験を受けることが出来ることです。カリキュラムを修了して所定の受験申込書から日本能力開発推進協会に申し込みをすれば、自宅で随時受験出来るので、これがこの資格の魅力とも言えるでしょう。

試験詳細

試験の出題範囲は以下の通りです。

 

  • 保険診療の制度と仕組み
  • 歯科医療事務の心構え
  • 医療保険制度
  • 公費負担医療
  • 患者受診の流れ
  • 保険組合
  • 保険診療での決まり
  • 治療の流れ
  • 治療と点数
  • レセプト作成

受験料は3,500円、70 %以上の正答率で合格となります。

 

詳しくは日本能力開発推進協会のページを参照ください。

 

スポンサードリンク

歯科助手専門秘書検定資格関連エントリー

歯科助手資格認定制度
日本歯科医師会では、歯科助手の認定制度があります。指定された学校で講習を受講して修了すれば、資格を取得することができます。
歯科医療事務管理士
歯科医療事務管理士は、技能認定振興協会が主催している医療事務の資格です。ユーキャンの通信講座で歯科助手を選択し修了すれば、自宅受験することができます。
認定歯科助手
医療福祉情報実務能力協会が認定している「認定歯科助手」は、ヒューマンアカデミーの通信講座を受講すれば取得することが出来ます。
歯科助手検定
医療福祉教育振興グループが主催している「歯科助手検定」では、試験に合格することで資格を取得できます。全員が3級から受験することになります。
歯科医療事務検定
歯科医療事務検定は、日本医療事務検定協会が認定している検定試験です。歯科医療事務従事者としての知識・技能や能力を証明することができます。