MENU

スポンサード リンク


1級から3級まである検定試験

歯科助手検定,通信講座,資格取得,試験対策日本医療事務検定協会、日本医療福祉協会、日本歯科助手検定協会の、3つの医療福祉関連協会から成っているのが、医療福祉教育振興グループです。

 

「歯科助手検定」は、この医療福祉教育振興グループが認定している歯科助手の資格です。

 

数ある歯科助手の資格の中でも、歯科助手資格認定制度と並んで知名度が高いのが「歯科助手検定」です。

 

この2つの資格の違いは、歯科助手資格認定制度は講習を受講すれば、資格を得ることが出来ますが、「歯科助手検定」は試験を受ける必要があるということでしょう。

 

また、この資格は等級制になっていて、1級から3級まで、それぞれの階級でスキルが違います。

試験範囲と受験料

3級で必要なスキルは、基本的な歯科医療の知識と治療法を理解しているということです。

 

2級になると、歯科医療に関しての幅広い知識、及び治療法に関しても応用出来る知識を持っているというものになります。

 

そして1級ともなると、歯科医療全般の知識を持っていて、さらに正確で迅速な治療対応が出来ることとなっています。

 

つまり、歯科助手の仕事のメインとなる、歯科診療のサポートがどれぐらい出来るのかということの証明になるのが、「歯科助手検定」の資格です。

 

この資格は、飛び級というものはないので、どんなに歯科助手としての経験を積んでいても、3級から受ける必要があります。それ以外に受験資格はありません。

 

受験料は、3級で4000円、2級が5000円、そして1級は6000円で合計15,000円かかります。また、試験が行われるのは、現在、東京・千葉・札幌・神戸・福岡となります。

 

遠方に住んでいる場合は、交通費と受験料をかけてまで取得する必要があるかどうかを検討した方がいいでしょう。

 

詳しくは医療福祉教育振興グループのページを参照ください。

 

スポンサードリンク

歯科助手検定関連エントリー

歯科助手資格認定制度
日本歯科医師会では、歯科助手の認定制度があります。指定された学校で講習を受講して修了すれば、資格を取得することができます。
歯科医療事務管理士
歯科医療事務管理士は、技能認定振興協会が主催している医療事務の資格です。ユーキャンの通信講座で歯科助手を選択し修了すれば、自宅受験することができます。
認定歯科助手
医療福祉情報実務能力協会が認定している「認定歯科助手」は、ヒューマンアカデミーの通信講座を受講すれば取得することが出来ます。
歯科医療事務検定
歯科医療事務検定は、日本医療事務検定協会が認定している検定試験です。歯科医療事務従事者としての知識・技能や能力を証明することができます。
歯科助手専門秘書検定資格
「歯科助手専門秘書検定資格」は、、歯科助手として歯科医院等でお仕事をしたい方に向いている資格です。カリキュラムを修了すれば、自宅で受験ができます。