MENU

スポンサード リンク


指定された講座を修了すれば取得できる

歯科助手,認定歯科助手,資格取得,試験対策内閣府認証NPO法人 医療福祉情報実務能力協会という団体が認定しているのが、「認定歯科助手」という歯科助手の民間資格です。

 

この資格を取得するには、医療福祉情報実務能力協会が指定している協会賛助会員指定校の教育課程を修了する必要があります。

 

協会賛助会員指定校と言うからには、どこかの学校に入学しなくてはいけないと思われるでしょう。

 

しかし、医療福祉情報実務能力協会が指定している学校というのは、「ヒューマンアカデミー通信教育講座」と言う通信講座です。つまり、学校に通ったりしなくてはいけないと言うこともなく、自宅で勉強しながら資格を取得することが出来るのです。

 

歯科助手になるための学校と言うのは、いろいろあり、専門学校のように通って勉強するところもあります。また、通信講座も、ヒューマンアカデミーだけではなく、他にも歯科助手になるための勉強が出来るところがあります。

 

しかし、今のところ、医療福祉情報実務能力協会が指定しているのは、ヒューマンアカデミーだけです。

必要な技術と実務能力があることの証明になる

どこに居ても資格を取得出来ると言う面から見ると、通信講座と言うのはとても便利です。働きながらでも勉強することが出来ますし、自分のペースで勉強すればいいというのも魅力でしょう。

 

また、講座が修了すれば貰える資格なので、試験を受けることなく歯科助手としての資格が得られるというのは、効率が良いとも言えます。

 

「認定歯科助手」の資格を取得するということは、歯科助手として必要な技術と実務能力があるということの証明になります。

 

ですから、歯科医院側から見ても、即戦力として扱ってもらえるので、就職に有利な資格と言えるでしょう。

 

詳しくは医療福祉情報実務能力協会のページを参照ください。

 

スポンサードリンク

認定歯科助手関連エントリー

歯科助手資格認定制度
日本歯科医師会では、歯科助手の認定制度があります。指定された学校で講習を受講して修了すれば、資格を取得することができます。
歯科医療事務管理士
歯科医療事務管理士は、技能認定振興協会が主催している医療事務の資格です。ユーキャンの通信講座で歯科助手を選択し修了すれば、自宅受験することができます。
歯科助手検定
医療福祉教育振興グループが主催している「歯科助手検定」では、試験に合格することで資格を取得できます。全員が3級から受験することになります。
歯科医療事務検定
歯科医療事務検定は、日本医療事務検定協会が認定している検定試験です。歯科医療事務従事者としての知識・技能や能力を証明することができます。
歯科助手専門秘書検定資格
「歯科助手専門秘書検定資格」は、、歯科助手として歯科医院等でお仕事をしたい方に向いている資格です。カリキュラムを修了すれば、自宅で受験ができます。