MENU

歯科助手の資格記事一覧

実際に歯科助手と一緒に仕事をする、歯科医によって設立された「社団法人 日本歯科医師会」が認定発行しているのが、「歯科助手資格認定制度」です。現場で働く歯科医が、歯科助手に求めるレベルを資格化したのが、この「歯科助手資格認定制度」と言えるでしょう。この資格認定制度は、試験を行って合格すれば取れるというものではありません。日本歯科医師会が主催する講習を受講して修了すれば、資格を取得することが出来ます。

「歯科医療事務管理士」と言うと、歯科助手のイメージとはかけ離れた資格のように感じるかもしれません。一般的な歯科助手のイメージでは、やはり診療のサポートをするという治療現場での仕事でしょう。しかし、歯科助手の仕事内容には、受け付けなどでの業務もあり、その中には清算業務も含まれていることがあります。歯科助手資格認定制度で言うところの、「乙種第二」に当たる資格なので、当然ですが歯科助手の資格と言えるので...

内閣府認証NPO法人 医療福祉情報実務能力協会という団体が認定しているのが、「認定歯科助手」という歯科助手の民間資格です。この資格を取得するには、医療福祉情報実務能力協会が指定している協会賛助会員指定校の教育課程を修了する必要があります。協会賛助会員指定校と言うからには、どこかの学校に入学しなくてはいけないと思われるでしょう。しかし、医療福祉情報実務能力協会が指定している学校というのは、「ヒューマ...

日本医療事務検定協会、日本医療福祉協会、日本歯科助手検定協会の、3つの医療福祉関連協会から成っているのが、医療福祉教育振興グループです。「歯科助手検定」は、この医療福祉教育振興グループが認定している歯科助手の資格です。数ある歯科助手の資格の中でも、歯科助手資格認定制度と並んで知名度が高いのが「歯科助手検定」です。この2つの資格の違いは、歯科助手資格認定制度は講習を受講すれば、資格を得ることが出来ま...

歯科医療事務検定というのは、その名の通り、歯科医療事務に関する知識を認定してもらえる歯科助手の資格です。歯科医療事務管理士と同じように、歯科助手の資格と思っていない方も多いでしょう。しかし、歯科助手の仕事は、しつこいようですが、診療のサポートだけではありません。医療事務というのも、重要な業務のひとつであり、歯科医院からも求められるスキルなのです。そして、医療事務の知識や技能の程度を証明出来るのが、...

歯科助手の資格には、「歯科助手専門秘書検定資格」というものがあります。歯科助手の仕事に関して、「秘書」という名称がつくのは違和感を覚える方もいるでしょう。しかし、歯科医が治療に専念出来るように、治療のための器具や薬剤の準備、治療中のサポートからカルテの作成、患者さんへのフォローなどを行うのが歯科助手の仕事内容です。つまり、歯科助手と言う仕事は、ある意味、歯科医の秘書とも言える仕事内容なんですね。こ...