MENU

スポンサード リンク


歯科助手の資格を取得しておこう

歯科助手を目指す場合、よく「資格があった方が有利」と言われます。「資格」と言えば、国家資格を思い浮かべてしまう方も多いでしょう。確かに歯科助手の資格というものはありますが、これは国家資格ではありません。

 

国家資格というのは、国の法律に基づいて、国か国に委託された機関によって行われる国家試験で合格することで得られる資格です。知識や技能が、国が定めた基準以上であるということを認められているという証になるのが、国家資格です。

 

しかし、歯科助手の資格というのは、民間の団体が独自に審査基準を設けて、その試験に合格すれば認定されるというものです。

 

歯科助手の資格は、特に取得しなくてはいけないということはありませんが、それでもないよりはあった方がいいでしょう。

 

治療行為はないにしても、医療の現場に立ち会う仕事なので、未経験の方ならまったく意味が分からない専門用語などがたくさんあります。

 

いきなり歯科診療の世界に飛び込んでいっても、かなり苦労することは間違いありません。

即戦力になれる

もちろん、資格がなくても採用されますし、一からすべてを教えてくれるでしょう。
ただ、資格があった方が、歯科医院にとってはより教育しやすいという一面があります。

 

ですから、たとえ実務経験はなくても、用語や歯科助手の仕事に関しての知識があった方が、即戦力となれるのです。

 

歯科助手は、勤務時間もはっきりしていて、残業などもないので、家庭を持っている方でも働きやすいという魅力もあります。

 

不況にもかかわらず求人も多いので、人気が高まっているため、まずは資格を持っておくのが就職には確実に有利なんですね。

 

スポンサードリンク

資格があった方が有利関連エントリー

歯科助手とは?
歯科助手とは、歯科医院で歯科医のアシスト(補助)をする仕事です。また、治療業務に関することは一切ありません。歯科衛生士法の法律で決められています。
具体的な仕事内容
歯科助手の仕事は、資格を必要としない業務を受け持ちます。初診受付、電話応対、患者の案内、器具の洗浄や消毒などがあります。
歯科助手のメリット・デメリット
歯科助手とはどのような職業なのか?具体的な仕事内容やメリット・デメリットは?基本的な知識を紹介しています。
歯科助手の適性
歯科助手として働く人には、どのような適性が必要なのでしょうか。逆に、向いていない人はどのようなタイプの人なのでしょうか。
需要や人気はある?
歯科助手は、歯科医院には絶対に必要な人材です。歯科医院が増えている現在、その需要も高まっています。人気も高いので、資格を取得しておくと働きやすくなります。
歯科助手の歴史を知っておこう
ここでは歯科助手が誕生した歴史について解説しています。仕事に就く前に知っておくと、何かと役に立つでしょう。