MENU

スポンサード リンク


歯科医院になくてはならない人材

歯科助手,需要,資格取得,人気

歯科助手というのは、資格がいらないとはいえ、歯科医にとっては絶対に必要な人材です。

 

治療のサポートはもちろんですが、受付や電話対応、器具の用意や片付け、院内の清掃など、歯科助手の仕事はいろいろあります。

 

逆に、歯科医院ではこれだけたくさんの仕事をあるので、歯科助手がいなければ、歯科医は治療に専念することが出来ません。ですから、小規模であれ大規模であれ、どんな歯科医院にも歯科助手は必要なのです。

 

歯科医院というのは、ひとつの町にひとつしかないということはありません。
人口にもよりますが、市や町にはいくつもの歯科医院があるでしょう。

 

そして、最近では歯の矯正や審美歯科の人気も高まってきているので、歯科医院の仕事は治療だけではなくなっています。そのため、歯科医院は増加傾向にあります。

 

ですから、歯科助手の需要というのは、以前に比べるとどんどん増えています。

人気がある現在、資格を取る人が増えている

需要が増えるとともに、歯科助手になりたいという人も増えています。

 

歯科助手は、一通りの仕事を覚えてしまえば、どこでも働くことが出来ます。また、一度仕事を離れてしまっても、知識や技術を持てる仕事なので再就職しやすいというメリットもあります。

 

スキルを身につけられる仕事ながら、資格が必要ないので、未経験でも働ける可能性が高いというのも魅力でしょう。ですから、一生続けられる仕事として、特に女性に高い人気があるのです。

 

ただ、資格は必要ないと言っても、人気が高まっている職業なので、民間の資格を取得する人が増えているのが実情です。競争率が高い仕事なので、歯科助手を目指すなら、資格を持っておいた方が有利になります。

 

スポンサードリンク

需要や人気はある?関連エントリー

歯科助手とは?
歯科助手とは、歯科医院で歯科医のアシスト(補助)をする仕事です。また、治療業務に関することは一切ありません。歯科衛生士法の法律で決められています。
具体的な仕事内容
歯科助手の仕事は、資格を必要としない業務を受け持ちます。初診受付、電話応対、患者の案内、器具の洗浄や消毒などがあります。
歯科助手のメリット・デメリット
歯科助手とはどのような職業なのか?具体的な仕事内容やメリット・デメリットは?基本的な知識を紹介しています。
歯科助手の適性
歯科助手として働く人には、どのような適性が必要なのでしょうか。逆に、向いていない人はどのようなタイプの人なのでしょうか。
資格があった方が有利
歯科助手になるためには国家資格は必要ありません。ただし、就職に有利な即戦力をアピールするためには、資格を習得しておいたほうがいいでしょう。
歯科助手の歴史を知っておこう
ここでは歯科助手が誕生した歴史について解説しています。仕事に就く前に知っておくと、何かと役に立つでしょう。