MENU

スポンサード リンク


前向きに仕事が出来る?

歯科助手,通信講座,資格取得,試験対策

資格取得が必須ではない代わりに、まったく知識を持たずに歯科助手になろうとする場合は、一人前に仕事が出来るようになるまでにはかなりの時間がかかります。

 

一生懸命頑張って、ある程度の期間を費やして、結局は向いていなかったなんてことになると時間の無駄になってしまいます。

 

ですから、あらかじめ自分が歯科助手に向いているのか、向いていないのかを客観的に判断することも大切です。

 

歯科助手というのは、事務的な仕事とコミュニケーションを取る仕事をこなさなくてはいけません。
患者さんに接しながらも、治療器具や薬剤を揃えたり、予約受付や精算などをこなします。

 

ですから、まず一番必要な資質は、「前向きなこと」と言えます。

 

とにかく、覚えなくてはいけないことが多いので、「こんなに覚えられない」とすぐに諦めてしまう方には向いていないと言えます。

 

例え時間がかかるにしても、分からないことはきちんと聞いて、それをメモに取るなど努力をする前向きな人が向いています。

コミュニケーションが取れる人

また、患者さんとのコミュニケーションも大事な仕事のひとつです。

 

歯の治療というのは辛いものなので、不安感を取り除けるような一言をかけたり、「お疲れ様でした」
「お大事に」の一声が、自然に出てくるような人が向いています。

 

もちろん、自然に言葉がでなくても、笑顔で接することが出来れば問題ありません。
逆に、人と関わることが好きじゃない方、コミュニケーションが苦痛になってしまう方には向いていません。

 

どのような仕事に就くにしてもコミュニケーション能力は重要ですが、患者さんの健康を守る医療分野で働く人にとっては、とくに気をつけておきたいものですね。

 

スポンサードリンク

歯科助手の適性関連エントリー

歯科助手とは?
歯科助手とは、歯科医院で歯科医のアシスト(補助)をする仕事です。また、治療業務に関することは一切ありません。歯科衛生士法の法律で決められています。
具体的な仕事内容
歯科助手の仕事は、資格を必要としない業務を受け持ちます。初診受付、電話応対、患者の案内、器具の洗浄や消毒などがあります。
歯科助手のメリット・デメリット
歯科助手とはどのような職業なのか?具体的な仕事内容やメリット・デメリットは?基本的な知識を紹介しています。
需要や人気はある?
歯科助手は、歯科医院には絶対に必要な人材です。歯科医院が増えている現在、その需要も高まっています。人気も高いので、資格を取得しておくと働きやすくなります。
資格があった方が有利
歯科助手になるためには国家資格は必要ありません。ただし、就職に有利な即戦力をアピールするためには、資格を習得しておいたほうがいいでしょう。
歯科助手の歴史を知っておこう
ここでは歯科助手が誕生した歴史について解説しています。仕事に就く前に知っておくと、何かと役に立つでしょう。