MENU

スポンサード リンク


就職に強く、働きやすい

歯科助手,通信講座,資格取得,試験対策

 

歯科助手のメリットと言えば、実務経験を積んでいくだけで、資格を持っているのと同じぐらい就職率が高いということでしょう。

 

「歯科助手」というのは、ある意味専門職ですが、特別な資格を必要としていません。
それなのに、実務経験があれば、一度職を離れても再就職がしやすいのです。

 

また、資格が必要ないということは、未経験だったとしても、歯科医院で採用してもらえればすぐに働くことが出来ます。

 

そして、そのままきっちり仕事を続ければ、一生役に立つスキルを手に入れられるのは、
最高のメリットでしょう。

 

結婚や子育てのために仕事を辞めても、また復帰しやすいですし、引越しをしても、歯科医院は全国にたくさんあるので求人がたくさんあります。

 

歯科助手の仕事の内容は、どこの地域であろうとほとんど同じようなものなので、歯科助手の知識さえあればどこに行っても働けます。

 

また、景気に左右される仕事ではないので、就職の時期やタイミングを選ぶ必要もなく、給与も安定しています。他の医療機関のように、時間が不規則ということもないので、働きやすいというのもメリットと言えます。

全く知識がないと覚えるのが大変

ただし、デメリットというのも少しはあります。

 

歯科助手の仕事は本当に覚えることが多いので、まったく0から始める場合には、仕事を続けること自体が大変かもしれません。

 

もちろん、いろいろと教えてくれますが、結局は覚えるのは自分なので、かなりの努力が必要になります。

 

ですから、歯科助手になりたい場合には、ある程度の知識をつけるためにも、民間の資格をとっておくといいでしょう。

 

基礎知識があれば、現場でもスムーズに仕事が進められ、楽しく歯科助手のスキルを身につけられます。

 

スポンサードリンク

歯科助手のメリット・デメリット関連エントリー

歯科助手とは?
歯科助手とは、歯科医院で歯科医のアシスト(補助)をする仕事です。また、治療業務に関することは一切ありません。歯科衛生士法の法律で決められています。
具体的な仕事内容
歯科助手の仕事は、資格を必要としない業務を受け持ちます。初診受付、電話応対、患者の案内、器具の洗浄や消毒などがあります。
歯科助手の適性
歯科助手として働く人には、どのような適性が必要なのでしょうか。逆に、向いていない人はどのようなタイプの人なのでしょうか。
需要や人気はある?
歯科助手は、歯科医院には絶対に必要な人材です。歯科医院が増えている現在、その需要も高まっています。人気も高いので、資格を取得しておくと働きやすくなります。
資格があった方が有利
歯科助手になるためには国家資格は必要ありません。ただし、就職に有利な即戦力をアピールするためには、資格を習得しておいたほうがいいでしょう。
歯科助手の歴史を知っておこう
ここでは歯科助手が誕生した歴史について解説しています。仕事に就く前に知っておくと、何かと役に立つでしょう。