MENU

スポンサード リンク


歯科医をサポートする役目

歯科助手,通信講座,資格取得,仕事内容

 

歯科助手のメインとなる仕事は、歯科医が患者さんを治療する時にアシストすることです。患者さんを治療席に案内し、エプロンをつけたり、治療に必要な器具や薬剤を準備します。

 

治療中には、ライトの当たり具合を調節したり、唾液をバキュームで吸い上げたり、セメントを練ったりして、歯科医が治療に集中出来るようにサポートします。

 

こういった治療をスムーズに行うには、カルテを読めることが重要です。どんな治療をしていて、今回の治療はどんなことをするのかというのをカルテで確認します。

 

このカルテによって、今回使う薬や器具などを用意するので、カルテを読めるようになるのも歯科助手の仕事です。

歯形のサンプル作成、受付や電話応対など

そして、多くの治療で使われる歯型のサンプル作成も、歯科助手が行います。歯型に石膏を流し込んでつくるのですが、これは歯科技工士に渡す前のサンプルなので、資格を必要としません。また、レントゲン撮影をしたフィルムの現像などを行うこともあります。

 

さらに、診療報酬を請求することも歯科助手が担当します。また、初心受付や電話対応、診察予約なども、歯科助手の仕事のひとつです。

 

ただし、大規模な歯科医院では、事務と診療が完全に分かれていることもあり、請求業務は行わないこともあります。

 

その他には、治療が終了した後の器具の洗浄や消毒、薬剤の片付け、備品の買出しなども歯科助手の大事な仕事です。

 

とにかく、特別な資格を必要としない業務は、歯科助手の仕事になることがほとんどです。

 

スポンサードリンク

具体的な仕事内容関連エントリー

歯科助手とは?
歯科助手とは、歯科医院で歯科医のアシスト(補助)をする仕事です。また、治療業務に関することは一切ありません。歯科衛生士法の法律で決められています。
歯科助手のメリット・デメリット
歯科助手とはどのような職業なのか?具体的な仕事内容やメリット・デメリットは?基本的な知識を紹介しています。
歯科助手の適性
歯科助手として働く人には、どのような適性が必要なのでしょうか。逆に、向いていない人はどのようなタイプの人なのでしょうか。
需要や人気はある?
歯科助手は、歯科医院には絶対に必要な人材です。歯科医院が増えている現在、その需要も高まっています。人気も高いので、資格を取得しておくと働きやすくなります。
資格があった方が有利
歯科助手になるためには国家資格は必要ありません。ただし、就職に有利な即戦力をアピールするためには、資格を習得しておいたほうがいいでしょう。
歯科助手の歴史を知っておこう
ここでは歯科助手が誕生した歴史について解説しています。仕事に就く前に知っておくと、何かと役に立つでしょう。