MENU

スポンサード リンク


歯科医のアシストをするのが歯科助手

歯科助手,通信講座,歯科医院,歯科衛生士

歯の治療などで歯科医院に行くと、歯科医以外に、看護師さんの格好をした人が何人もいます。

 

受付をしている人も、治療室にいる人も、みんな看護師さんの格好をしていますね。治療席に付いたら、さっき受付にいた人が、エプロンをかけてくれたりしたという経験を持っている方もいるでしょう。

 

中には歯科衛生士さんもいますし、受付業務しか担当しない人もいるなど、歯科医院によって違いはあります。

 

しかし、基本的に事務から歯科医の助手まで、歯科医院で行うありとあらゆる業務を行うのが歯科助手です。歯科助手というお仕事は、その名前の通り、歯科医院で歯科医の助手をするという仕事です。

 

歯科医院によっては、「アシスタント」などと呼ぶこともありますが、要は歯科医のアシストをするのが歯科助手なんですね。

治療業務には関わらない

ただし、治療業務に関わることは一切ありません。歯科診療の補助というのは、歯科衛生士法の法律に基づいて、歯科衛生士と看護師しか行うことが出来ないのです。

 

治療に関わる必要がないので、難しい国家資格などを取る必要がなく、従事しやすいのが歯科助手の魅力です。

 

でも、治療に必要な器具の準備や清掃、患者さんの介添などは歯科助手の仕事です。
ですから、患者さんが快方する喜びも一緒に分かち合うことが出来ますし、コミュニケーションを取ることも出来ます。

 

事務仕事だけだと、仕事に対するやりがいというものを見出すのは、なかなか難しいことでしょう。
しかし、歯科助手なら、歯科医のアシストをしながら、歯に関する痛みや悩みを完治させるという喜びが味わえるので、非常にやりがいのある仕事だと言えます。

 

スポンサードリンク

歯科助手とは?関連エントリー

具体的な仕事内容
歯科助手の仕事は、資格を必要としない業務を受け持ちます。初診受付、電話応対、患者の案内、器具の洗浄や消毒などがあります。
歯科助手のメリット・デメリット
歯科助手とはどのような職業なのか?具体的な仕事内容やメリット・デメリットは?基本的な知識を紹介しています。
歯科助手の適性
歯科助手として働く人には、どのような適性が必要なのでしょうか。逆に、向いていない人はどのようなタイプの人なのでしょうか。
需要や人気はある?
歯科助手は、歯科医院には絶対に必要な人材です。歯科医院が増えている現在、その需要も高まっています。人気も高いので、資格を取得しておくと働きやすくなります。
資格があった方が有利
歯科助手になるためには国家資格は必要ありません。ただし、就職に有利な即戦力をアピールするためには、資格を習得しておいたほうがいいでしょう。
歯科助手の歴史を知っておこう
ここでは歯科助手が誕生した歴史について解説しています。仕事に就く前に知っておくと、何かと役に立つでしょう。