MENU

基礎知識記事一覧

歯の治療などで歯科医院に行くと、歯科医以外に、看護師さんの格好をした人が何人もいます。受付をしている人も、治療室にいる人も、みんな看護師さんの格好をしていますね。治療席に付いたら、さっき受付にいた人が、エプロンをかけてくれたりしたという経験を持っている方もいるでしょう。中には歯科衛生士さんもいますし、受付業務しか担当しない人もいるなど、歯科医院によって違いはあります。しかし、基本的に事務から歯科医...

歯科助手のメインとなる仕事は、歯科医が患者さんを治療する時にアシストすることです。患者さんを治療席に案内し、エプロンをつけたり、治療に必要な器具や薬剤を準備します。治療中には、ライトの当たり具合を調節したり、唾液をバキュームで吸い上げたり、セメントを練ったりして、歯科医が治療に集中出来るようにサポートします。こういった治療をスムーズに行うには、カルテを読めることが重要です。どんな治療をしていて、今...

歯科助手のメリットと言えば、実務経験を積んでいくだけで、資格を持っているのと同じぐらい就職率が高いということでしょう。「歯科助手」というのは、ある意味専門職ですが、特別な資格を必要としていません。それなのに、実務経験があれば、一度職を離れても再就職がしやすいのです。また、資格が必要ないということは、未経験だったとしても、歯科医院で採用してもらえればすぐに働くことが出来ます。そして、そのままきっちり...

資格取得が必須ではない代わりに、まったく知識を持たずに歯科助手になろうとする場合は、一人前に仕事が出来るようになるまでにはかなりの時間がかかります。一生懸命頑張って、ある程度の期間を費やして、結局は向いていなかったなんてことになると時間の無駄になってしまいます。ですから、あらかじめ自分が歯科助手に向いているのか、向いていないのかを客観的に判断することも大切です。歯科助手というのは、事務的な仕事とコ...

歯科助手というのは、資格がいらないとはいえ、歯科医にとっては絶対に必要な人材です。治療のサポートはもちろんですが、受付や電話対応、器具の用意や片付け、院内の清掃など、歯科助手の仕事はいろいろあります。逆に、歯科医院ではこれだけたくさんの仕事をあるので、歯科助手がいなければ、歯科医は治療に専念することが出来ません。ですから、小規模であれ大規模であれ、どんな歯科医院にも歯科助手は必要なのです。歯科医院...

歯科助手を目指す場合、よく「資格があった方が有利」と言われます。「資格」と言えば、国家資格を思い浮かべてしまう方も多いでしょう。確かに歯科助手の資格というものはありますが、これは国家資格ではありません。国家資格というのは、国の法律に基づいて、国か国に委託された機関によって行われる国家試験で合格することで得られる資格です。知識や技能が、国が定めた基準以上であるということを認められているという証になる...

どんな仕事でも歴史というものがありますが、これはその仕事に就くためには知っておいた方がいいでしょう。歴史を知ることで、その仕事の本質と言うものが見えてきます。本質が分かれば、どんな知識が必要か、どんなスキルを身につけていくのかが自分の中に落とし込みやすくなります。戦前の日本では、衛生に関する管理というものがいい加減でした。しかし、戦後になると、アメリカによる衛生面の改善指導があり、1947年に保健...